MENU

乾燥肌の赤ちゃんに石鹸は使うべき?使わないべき?

乾燥肌でカサカサの肌になった赤ちゃん。

 

入浴時に石鹸は使ってもいいのか気になりますよね。

 

大人でも、石鹸を使って洗うと、ツッパたり乾燥したりします。
ママの肌でさえそうなのに、赤ちゃんに使ったら、どれだけ乾燥しちゃうのでしょうか。

 

色んな情報を調べてみたら、
「石鹸は使った方がいい。」
「石鹸は使わない方がいい。」
と、どちらの意見もあります。

 

ママは「一体どっちなの?」とますます気になる結果になってしまっています。

 

 

赤ちゃんの肌は、モチモチしていて水々しく、スベスベしています。
一見すると、汚れなんてないと思いがちです。

 

しかし、新陳代謝が活発なため、大人よりも汗をかいています。
また皮脂の分泌も多いです。

 

よだれでも、顔が汚れています。

 

赤ちゃんはキレイに見えるけれど、思った以上に汚れているんです。

 

清潔な肌を保つためにも、汚れはきちんと落としてあげないといけません。
赤ちゃんの肌を守りつつ、しっかりと洗ってあげることが必要です。

 

汚れを落とすときに石鹸を使うべきなのか。

 

それは、赤ちゃんの肌の状況をみて判断しましょう。

 

石鹸を使って洗う場合は、使う石鹸にはこだわってください。

 

赤ちゃん用の石鹸、つまり低刺激用の石鹸を使うようにしましょう。

 

香料が入っていて良い香りの石鹸・・・必要ありません。
赤ちゃんに、アロマやバラ、甘い香りなんていりませんよね。

 

それよりも何よりも低刺激な石鹸を第一に選びましょう。

 

汚れはしっかりと落とし、潤いは残してくれる石鹸もあります。
石鹸というより、成分ですが「ライスパワーエキスNo.3」などがそうです。

 

自然由来の成分ですから、変な成分でもありません。

 

赤ちゃんのために必要な石鹸をしっかりと選んであげましょう。

 

そして、洗い方も大事です。
いくら赤ちゃんい良い石鹸を使っても、赤ちゃんのカサカサ肌に負担のある洗い方をしてはいけません。

 

ナイロン系のボディタオルなどを使用するのは控えましょう。

 

ガーゼを使用するのもおすすめですが、手で洗うのでも十分です。

 

しっかりと石鹸を泡立て、手ですくい、やさしく赤ちゃんの肌を洗います。

 

ゴシゴシとこする必要はありません。

 

特に、乾燥しカサカサ肌になっている赤ちゃんの肌は、とても敏感になっています。
今以上にカサカサ肌にならないように、肌の刺激には木を使ってあげましょう。

 

ガーゼを使用して洗う場合も、肌をこする感覚で使ってはいけません。
石鹸の泡を赤ちゃんの肌にのせる、つけるイメージで使うようにしてください。

 

 

そして、洗い終わっったら、しっかり洗い流すことです。
泡が残っていては、肌への刺激になります。

 

入浴後は、すぐに保湿をしてあげましょう。

 

石鹸で洗うことと、保湿は必ずセットで行ってください。

 

いくら赤ちゃんの肌に優しい石鹸だとしても、また石鹸を使わないにしても入浴後の赤ちゃんの肌は、思っている以上に乾燥しています。

 

乾燥を防ぐためにも保湿を忘れないで下さいね。

このページの先頭へ