MENU

ベビーオイルを顔に使う方法。注意点は?

ベビーオイルとは、赤ちゃんへの保湿やマッサージに使用されるオイルですよね。

 

赤ちゃん専用というイメージですが、大人でも使っている人は多いです。

 

ベビーオイルという名前から「赤ちゃん専用」と思われがちですが、そうではありません。

 

誰でも使用できる万能オイルでもあります。

 

大人が使う目的としては、クレンジング、唇のケア、リンパマッサージ、髪のケア、ヘッドマッサージ、ハンドケア、ネイルケア、シェーピングケア、かかとの保湿、妊娠線ケアなどなど。

 

多種多様な使い方ができるのが、ベビーオイルです。

 

新生児のころから、ベビーオイルなどを利用し、保湿を心がけていると、成長した後のアトピー予防にもつながる研究結果もあります。
それほどまでに、保湿すぐれています。

 

だからこそ、大人も「保湿」目的にベビーオイルを使う人が大勢います。

 

ベビーオイルの成分とは?シミになるって本当?

ベビーオイルの成分は「ミネラルオイル(鉱物油)」と「酢酸トコフェロール」です。

 

酢酸トコフェロールとは、防腐目的の成分になります。

 

鉱物油と聞くと「肌に使っても大丈夫?」と思いがちです。

 

鉱物油は「炭素」と「水素」のみで構成されています。
この構造のオイルは、安定性も高く、他の物質に影響さにくい性質があります。

 

よって、かなり安全な物質なんです。

 

だからこそ、赤ちゃんにも安心して使うことができるベビーオイルとして使用されます。

 

「鉱物油を使うとシミになる」
という噂もあります。

 

これは、ずっと昔に不純物を十分に取り除かず、質の悪いままの鉱物油を使用した化粧品が出回ったことがあります。

 

その化粧品を使った人が、オイルによる油焼け、つまりシミができてしまったことによります。
現在、市販されているベビーオイルでは、そのような心配はいりません。

 

 

 

ベビーオイルでのケアが、向いていない人はこんな人!

  • ニキビ質の人
  • 脂性肌の人

ミネラルオイルは、肌表面に留まる性質があります。
ですので、毛穴に詰まる原因になることも考えられます。

 

ニキビがよくできる人や、脂性肌の人は、ベビーオイルでのケアは向いていないでしょう

 

ベビーオイルだけで保湿ができるのか?

本当にベビーオイルで保湿ができるのでしょうか?

 

なぜそう思うのかというと、主成分である鉱物油にあります。

 

鉱物油は、炭素ですので肌の表面にとどまり、内部には浸透しません。

 

肌の外側をコーティングすることで、刺激から守ってくれる役割はあります。

 

水分の蒸発を防いでくれますから、一時的な保湿にはなります。

 

乾燥肌を根本的に治してくれるものではありません。

 

ベビーオイルを顔に使う方法とは?注意点は?

ベビーオイルを顔に使う方法としては、

  • クレンジング
  • 洗顔
  • 保湿

があります。

 

クレンジングとして使おう!

ベビーオイルをクレンジングとして使用します。
適量を、メイクの上にのせ、優しく肌に馴染ませメイクを浮かせ落としていきます。

 

その後は、いつもの洗顔をしてください。

 

洗顔にプラスして保湿しながら洗う!

いつも使っている洗顔を泡立てます。
泡立ったら、数滴のベビーオイルを混ぜます。

 

混ざった泡で、洗顔するとしっとりと保湿しながら汚れを落とすことができます。

 

保湿効果を期待して!

顔にも保湿クリームの変わりとして使います。
ただし、使いすぎには注意してください。

 

先程も説明したとおり、ベビーオイルの主成分であるミネラルオイルは、肌の表面にとどまります。
使いすぎると、肌にフタをすることにつながります。

 

毛穴がつまることで、乾燥肌とは違うトラブルが起きるかもしれません。

 

顔の保湿として使う場合は、使用する量に注意してください。

 

 

また、ベビーオイルは保湿効果に優れているとはいえ、その効能は一時的なものにすぎません。

 

乾燥肌を元から治してくれる効果はありません。

 

本当に乾燥肌を治療したいと思っているのなら、ベビーオイルで保湿をしつつ、肌の内部からも乾燥肌をケアできるものを選び、ダブルでケアをしていきましょう。

このページの先頭へ