MENU

乳児湿疹は母乳のせい?赤ちゃんのカサカサは、私のせいなの?

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートで、少しの刺激で荒れたりかぶれたり乾燥したりしてしまいます。
乳児湿疹が出てしまうと、何が悪かったのかと迷ってしまいますよね。

 

 

近年では、乳児湿疹の原因は赤ちゃんの飲む母乳にあるのではないかと言う意見もあります。
逆に、乳児湿疹に母乳が関係していると言う説は間違いだと言う意見もあります。
まったく逆の意見ですね。

 

 

乳児湿疹と一言で言っても、原因は様々だったりします。
脂漏性湿疹も乾燥性湿疹もまとめて乳児湿疹と言われています。
脂漏性湿疹の場合は、ホルモンの影響で赤ちゃんの皮脂分泌が多くなってしまう事が原因です。
乾燥性湿疹は、皮膚のバリア機能が低下して乾燥してしまう事が原因です。

 

赤ちゃんの乳児湿疹の原因は様々なので、「母乳が悪いから、母乳を改善すれば全て改善する」と言う訳ではないんですね。
ただ、母乳が「原因の一つ」である可能性はあります。

 

 

乳児湿疹の原因の一つに母乳があると思われるので、母乳を上げないと言う選択をするとしたら、それは間違いだと言えるでしょう。
母乳にはとても多くの栄養素が含まれています。
赤ちゃんから母乳を取り上げるよりも、母乳を作るお母さんの食生活を見直した方が良いですね。

 

 

母乳はお母さんの血液を元に作られています。
血液は、やはりお母さんの食事から作られているのですから、お母さんの食生活を見直してみましょう。
たとえば、脂っぽいものが好きで食べ過ぎてしまっていたり、ついつお菓子やケーキなどの甘いものを食べ過ぎてしまっているお母さん。
そんなお母さんの母乳は、脂肪分が多かったり糖分が多かったりします。
乳製品や卵を食べ過ぎてしまっている場合は、母乳にたんぱく質が多く含まれる事になり、赤ちゃんが上手く消化出来なかったりします。
少なからず、お母さんの食生活が母乳に影響し、その母乳を飲む赤ちゃんにも影響を与えているのですね。

 

 

もちろん、先にも書きましたが母乳は乳児湿疹の原因の一部でしかありません。
だから、あまり気負いすぎない事も大切ですよ。
極端に脂肪分や糖分を摂り過ぎたりせず、魚や大豆製品、野菜や海藻類をバランスよく食べてみてください。
赤ちゃんと一緒に体に良い食事を取る気持ちで食事をすると、あまり気負いする事なく食事する事が出来ますよ。

 

赤ちゃんはデリケートなので、様々な原因で湿疹が現れてしまったりします。
心配しすぎて極端な行動に出るよりも、お母さんの食事に気を使ってみたり、赤ちゃんのお肌の保湿ケアを行ってみたりして対処してみて下さいね。

 

このページの先頭へ