MENU

ニベアは赤ちゃんの乾燥肌にも使える?使ってはいけない場合とは?

赤ちゃんのお肌は意外と乾燥しがちなんです。

 

とてもデリケートなので、洋服の布地やタオルが擦れてしまっただけでも、傷付いたり被れたりしてしまいます。
そして、頬やおなかなどがカサカサに乾燥してしまったりします。

 

赤ちゃんを乾燥から守る為には、やはり保湿ケアをちゃんとしてあげることが一番ですよね。

 

最近、ニベアの青缶に色々な用途があると話題になっていますよね。
成分も良いしお手ごろ価格のニベア青缶は、赤ちゃんの保湿ケアにも使えるでしょうか。

 

結論から言うと、ニベアの青缶を赤ちゃんの保湿ケアに使うことは出来ます。

 

赤ちゃんの乾燥などが目立ち始める生後数ヶ月から使用可能と考えられています。
このくらいの時期になると、保湿クリームを使いたいと考えるお母さんが増えると言います。

 

お母さんが子供の頃に良くニベアを使っているほど、赤ちゃんにもニベアを使っている傾向があると言われています。

 

 

ただ、全ての子供に対して問題がない訳ではありません。
ニベアだけではなく全ての保湿クリームに言えることですが、体質的に合う合わないがあるんです。

 

初めてニベアを使ってあげる時は、まずは手足など比較的刺激に強い部位に少量塗って問題がないかを確認してあげましょう。
万が一の対策は行って悪いことはありませんから!

 

また、ニベアだけでなく保湿クリーム全般に共通して、使ってはいけないタイミングがあることを覚えておいて下さい。

 

たとえば、傷や肌荒れがある場合。
乳児湿疹、新生児ニキビ、アトピーなどが認められる場合は、保湿クリームの使用は控えて下さい。

 

一度、保湿クリームで湿疹や赤みが出た事がある場合も、気を付けて下さいね。
アレルギー反応があって、その原因物質が判っていない場合は、何が原因でまた肌荒れが起こるかわかりません。
気を付けて下さいね。

 

お肌トラブルを起こしやすいと判っている場合は、皮膚科の受診をおすすめします。
そうすれば、お肌に合った保湿クリームを貰うことが出来ますよ。

 

最後に、ニベアを使った保湿方法をご紹介しますね。
基本的には、お風呂上りの保湿に使うと効果的ですよ。
お風呂上りにタオルドライをした後、ニベアを直接塗っても良いですが、赤ちゃん用ローションを塗った後でニベアを塗ると、より保湿効果が高まりますよ。

 

他にも、大人と同じ様に手や顔を洗った後、外出の時などに保湿してあげるのも良いですよ。

 

ニベアは100年以上続くロングセラーの製品です。
それだけ多くの人に使われて来ただけあって、安心感がありますよね。

 

ただし、ニベアはあくまでも保湿を行うクリームです。
赤ちゃんの乾燥肌を治すものではありません。

 

カサカサの赤ちゃんの肌をニベアで保湿をし、乾燥肌の根本的なケアは別で行うことも考えてくださいね。

このページの先頭へ