MENU

赤ちゃんなのにニキビ?新生児ニキビのケアは大人と一緒じゃダメ!

新生児ニキビって知っていますか?

 

「赤ちゃんにもニキビが出来るの?!」
と驚く人が多いのですが、実は生後2週間から3ヶ月くらいの赤ちゃんに良く現れるお肌トラブルの一種なんですよ。

 

 

新生児ニキビは、赤いブツブツや膿を持ったニキビが頬やオデコに出ます。
最初は1箇所だけだったのに、ドンドン広がって・・・なんて事もあります。
ニキビが出来てしまい皮膚を清潔にしようとしてガーゼなどで擦りすぎた結果、患部が乾燥してよりお肌が荒れてしまう事もあります。
膿が出たり炎症が起こってしまった段階のニキビになったら、小児科や皮膚科を受診する事をおすすめします。

 

 

ニキビといえば、毛穴に皮脂や汚れが詰まって炎症を起こしたり、アクネ菌がたくさん繁殖して炎症を起こすイメージですよね。
大人や思春期のニキビの原因は、まさにこれですよね。
赤ちゃんのニキビの原因の一つもこの毛穴詰まりです。
赤ちゃんはとてもたくさん汗をかきますよね。
汗をかいた後、毛穴が詰まってしまうとニキビや湿疹が現れてしまいます。
また、赤ちゃんは長時間眠っている事が多いので、寝具の汚れがお肌に悪い影響を与えてしまいます。

 

また、ホルモンバランスの乱れも赤ちゃんのニキビの原因の一つでもあります。
赤ちゃんはまだホルモンに対応しきれない状態だったりします。
生まれた時にお母さんから引き継いだホルモンに、赤ちゃんが上手く対応する事ができず皮脂が多く分泌されてしまう事があります。
それによって、毛穴が詰まってしまいニキビに発展してしまうのですね。

 

 

お母さんのホルモンの影響を受けるのならば、母乳も赤ちゃんに影響を与えるのではないかと考える事も出来ます。
ただ、母乳が与える赤ちゃんへの影響は、たくさんある原因・要因の一つに過ぎない事を覚えておいて下さいね。
全く無関係だとは言いませんが、神経質になってしまう程ではないんですよ。

 

気になる場合は、揚げ物や乳製品を食べる量を減らしてみたりしてはいかがでしょうか。
そうすれば、母乳に含まれる脂肪分が減るので赤ちゃんに渡る脂質も減る事になりますよね。

 

 

赤ちゃんのニキビケアは大人のニキビケアと変わりありません。

 

皮膚を清潔に保ってあげる事。
出来てしまったカサブタは無理に剥がさない事。
皮脂はしっかり落としてあげる事。
そして、しっかり保湿してあげる事。

 

症状が長引いたり酷くなってしまったりした場合は、お医者さんを受診しましょう。
くれぐれも、大人用のニキビ薬などを塗ったりはしないで下さいね。

 

このページの先頭へ