MENU

乾燥肌には、柔軟剤を使ったらダメ?でも、ゴワゴワするのはイヤ・・・

柔軟剤を使うと、乾燥肌にはよくないと聞いたことありませんか?

 

でも、柔軟剤を使わないと、タオルや衣服がゴワゴワした仕上がりになってしまいます。
ゴワゴワした衣服を着たり、固いタオルを使うと、肌への刺激になります。

 

衣服やタオルから受ける刺激は、ますます肌を乾燥させてしまいます。

 

肌への刺激は、乾燥肌の原因の一つです。
刺激を受けた肌は、バリア機能が弱まり、ますます肌は乾燥していきます。

 

バリア機能が弱くなると、ますます刺激によわくなり、ますます乾燥肌の症状が進む。
負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

柔軟剤を使っても乾燥肌には良くないし、使わないままでも肌には良くない。

 

となれば、一体どうしたらいいのでしょうか?

 

だったら、乾燥肌でも安心して使える柔軟剤を使えばいいんです。

 

柔軟剤さえ使えれば、洗い上がりがゴワゴワすることもなく肌にも刺激になりません。

 

 

乾燥肌でも安心して使える柔軟剤とは?

 

乾燥肌による痒みがある人でも、安心して使える柔軟剤とは一体どんなものなのでしょうか。

 

テレビCMで流れている有名な柔軟剤は、多くの場合、界面活性剤が使用されています。

 

界面活性剤を使用することで、衣服にフワフワと柔らかくなります。
ですから、柔軟剤にとって界面活性剤はなくてはならないものでもあります。

 

さらには、最近では香り付きの柔軟剤が流行っていますよね。

 

しかし、界面活性剤や合成香料は敏感肌や乾燥肌の人にとっては刺激となってしまいます。

 

衣服に残る界面活性剤は、少なからず肌への負担となります。
これは、柔軟剤だけに言えることではなく、洗剤においても同じです。

 

洗濯に使う洗剤にも、乾燥肌の人は気を使わないといけません。

 

しかし、柔軟剤にしろ、洗剤にしろ、界面活性剤が使われているものがほとんどです。

 

使用しないと汚れも落ちにくくなります。
汚れが落ちなければ、またそれも肌への負担となります。

 

全く使用しないものとなると、自作で柔軟剤を作るしかありません。

 

「柔軟剤を手作りできるの?」
と思うかもしれませんが、自宅で簡単に作ることもできますよ。

 

それは、クエン酸です。

 

台所用品でもあるクエン酸は、実は柔軟剤の変わりとしても使えます。

 

使い方としては、水とクエン酸を混ぜます。
そして、すすぎの最終段階で、作成したクエン酸水溶液を洗濯機に入れるだけです。

 

毎回、クエン酸水溶液を作るのが面倒であれば、市販品を購入することもできます。
使用されている成分が、「クエン酸ナトリウム」と書かれているものを選んでください。

 

 

このページの先頭へ