MENU

乾燥肌の痒みに効く「薬」ってないの?

「乾燥肌による痒みを何とかしたい!」
と思って、思い浮かぶのは、保湿クリームや、塗るタイプのかゆみ止めではありませんか?

 

塗るタイプの痒み止め一時的には、痒みを止められても時間が経てば、またぶり返しますよね。

 

実は、かゆみ止めには内服薬もあるって知っていましたか?

 

飲んで痒みを止める薬もあるんです。
中には、乾燥肌にも効果がある薬も存在します。

 

では、乾燥肌による痒みを止めれる薬はどんなものがあるのでしょうか?
できれば、ドラッグストアなどの薬局で購入できる市販薬があれば嬉しいですよね。

 

ドラッグストアで購入できたら、気軽ですし、すぐに入手できますから。

 

 

乾燥肌による痒みに効果がある薬は、主に抗ヒスタミン薬になります。

 

抗ヒスタミン薬は、体内で過剰に分泌されたヒスタミンを抑える薬です。

 

ヒスタミンは、肌が刺激を受けると肌を守るために分泌される物質です。
本来は、肌を守ってくれる大事な物質ですが、過剰に分泌されることでかゆみの原因ともなっています。

 

特に、アレルギー症状ではヒスタミンの過剰分泌がかゆみの原因の一つとなっています。

 

そこで、抗ヒスタミン薬で、ヒスタミンを抑え痒みも抑えます。

 

注意点としては、抗ヒスタミン薬は眠気の副作用があります。
抗ヒスタミン薬を飲んだら、車の運転などは控えるようにしましょう。

 

乾燥肌にも、いろんな原因があります。
アトピーや、アレルギーによる乾燥肌の場合、市販薬でもある程度の痒みは抑えられそうです。

 

自分の乾燥肌の原因を知ってから、薬は選ぶようにしてくださいね。

 

ドラッグストアでも買うことができるものとしては、
アレルギール(第一三共ヘルスケア)
レスタミンコーワ(興和)
スラジン(佐藤製薬)
などがあります。

 

 

また、最近では眠気が起こりにくい抗ヒスタミン薬もあります。
例えば、アレグラ、アレジオンなどです。

 

 

市販薬で痒みを抑えられても、乾燥肌が治るというわけではありません。
乾燥肌による痒みに、絶対に効果があるというわけでもありません。
薬は、痒みを止めているだけです。

 

乾燥肌を根本的に治療しようとするなら、別のケアをしなくては治りません。

 

市販薬で、かゆみが抑えられているうちに、乾燥肌のケアも行うようにしましょう。

 

乾燥肌に特化したケア用品を選び、保湿を心がけます。
薬とクリームでのケアを同時で行うことが重要です。

 

痒みは一時的に治っても、また症状が出てきます。
乾燥肌を治さない限り、いつまでも痒みとの戦いは続きます。

 

同時のケアを忘れずに行いましょう。

このページの先頭へ